芳山堂のこと

芳山堂のこと・・・

 芳山堂は昭和3年、久保嘉吉(明治36年生)が創業した美術品商であります。元々、日本刀の研磨師(とぎし)であった父は太平洋戦争終了後、総合的な美術品商としての道に進み、戦後復興の最中材木の需要や水力発電(ダム)の開発に伴う好景気に湧きたつ三重県の尾鷲市を創業の地に選びました。
 二代目である私、久保泰助は現在、銀座七丁目にて三代目である息子・久保聰一郎と共に美術品商を営んでおります。

 


二代目主人 久保泰助

 

 


久保泰助 略歴

昭和23年
三重県尾鷲市生まれ
昭和45年
二松学舎大学卒業  日本橋にて修
昭和50年
家業を継承  現在に至る
現在
公式の諸鑑定業務に携わる
◎東京都公安委員会許可第30771060739号美術品商
◎東京美術商協同組合員 
◎全国美術商連合会会員